鍼治療における疼痛緩和の科学的根拠

鍼治療は古来から東洋医学の一環として用いられてきましたが、近年ではその疼痛緩和効果について科学的な研究が進められています。特に、鍼治療がどのようにして痛みを軽減するのかについての理解が深まりつつあります。 オピオイドペプ…

緩和ケアにおける鍼灸の役割

緩和ケアとは、生命を脅かす疾患に直面している患者さんやそのご家族のQOL(生活の質)を向上させるためのアプローチです。身体的、心理的、社会的、スピリチュアルな側面から総合的にケアを行います。その中で、鍼灸療法は補完代替医…

膝は捻る動きに弱い

膝は人体の中でも非常に複雑な関節の一つであり、日常生活の中で重要な役割を果たしています。しかし、その構造上の特性から、膝は捻る動きに対して脆弱であると言えます。 膝関節は大腿骨、脛骨、膝蓋骨から成り、これらの骨が複雑に組…

地水火風空の鍼

私は鍼治療を行う際、「地水火風空」というインド哲学の概念を念頭に置くことがあります。 地の鍼は、固体としての肉体に焦点を当てています。この鍼法では、体の構造や筋肉、骨などの物理的な側面を意識しながら、鍼を刺激します。これ…

身体の中を見る:脳が統合するイメージの世界

私たち人間が見ている世界は、単に目から入ってくる視覚情報だけで構成されているわけではありません。脳は、視覚以外の様々な感覚情報も統合して、一つの立体的な世界像を作り上げているのです。 例えば、目を閉じて物に触れたとき、私…

触診で触れるもの

触診において、直接触れているのは体表の皮膚だけですが、その触覚を通して皮膚の下にある組織の状態も感知することができます。熟練した指圧師や鍼灸師は、皮膚表面から得られる情報を頼りに、筋肉や骨、さらには内臓の状態まで推測しま…

養生における生成AIの活用がもたらす利点

養生における生成AIの活用は、現代社会の健康ニーズに応える上で大きな可能性を秘めています。以下では、その主な利点について論じていきます。 1. 養生の知識やノウハウを多くの人々に届けやすくなる 長い歴史を持つ養生の叡智は…

肩こり:肩を前に引く筋肉も凝っている

肩こりは現代人の多くが抱える悩みの一つです。長時間のデスクワークやスマホの使用により、肩や首の筋肉が凝り固まってしまうのが主な原因です。肩こりを解消するには、凝っている筋肉をほぐすことが大切ですが、それだけでは不十分かも…